垂れ下がったまぶたを戻す

眼

まぶたは加齢が原因で若いときよりも垂れ下がってしまうことがあり、視野に影響を及ぼすことがあるのです。また、コンタクトを装着するときにまぶたを引っ張っているのなら、垂れ下がってしまう可能性があるので注意する必要があります。もしも、すでに垂れ下がった状態で、視野が狭いことに困っているのなら眼科を訪れましょう。診察を受けて眼瞼下垂だと診断されたのなら、もとのまぶたに戻すための治療が行われます。なお、眼瞼下垂は病気として取り扱われているため、保険を使った治療を受けることが可能です。つまり、本来の金額よりもかなり安価な費用でまぶたを戻せるので、悩んでいるのなら眼科を訪れてすっきりしてしまうことをおすすめします。

手術で治す

医者と看護師

まぶたが垂れ下がった状態になっている場合は、塗り薬を使って治すというわけにはいきません。手術を行うことでまぶたの下がりを修正するので、そのつもりで眼科を訪れるようにしましょう。もちろん、手術に対応している眼科でなければ、眼瞼下垂の本格的な治療は無理なので気をつけなければいけません。従って、小さな個人クリニックでは手術を受けられない可能性があるので、転院したくなければ、眼瞼下垂の対応を確認してから通院しましょう。

デザインが大切

女性

眼瞼下垂はまぶたにメスを入れることになるので、デザインをしっかりとしてくれるところを選ぶのが鉄則です。垂れ下がりを解消すればよいというのではなく、きれいなまぶたを実現してくれるところを選びましょう。まぶたはとても目立つ部分なので、自身のイメージ通りに整えてもらえないと後悔する可能性があるのです。眼瞼下垂がうまいドクターはネット上でも話題になっているため、探してまぶたの垂れ下がりをキレイに解消してもらいましょう。

高額療養費制度が使える

女性

眼瞼下垂の手術は保険を適応できますが、どのくらいの費用になるか聞いたとき、それでも高いと考えてしまう方もいるでしょう。その場合は、高額療養費制度というものを活用すれば、費用が安くなるかもしれません。この制度は一ヶ月に支払った医療費が多ければ、一部戻ってくるという仕組みになっていて、眼瞼下垂でも利用することができます。人によってどのくらい戻ってくるかは異なるので、利用したいのなら、高額療養費制度をリサーチしてみることをおすすめします。ちなみに、眼瞼下垂の手術は両目を同時にするのではなく、片目ずつ行う場合もあります。そのときは、同じ月にやったほうが戻ってくるお金が多くなるので、スケジュールを考えて手術を受けましょう。

広告募集中